東京で結果が出る浮気調査や信用調査は信頼できる探偵に依頼しよう

■最初の対応だけで決めない

六本木の会社で職場の女性と不倫しているかもしれない、歌舞伎町のキャバ嬢と浮気しているかもしれない、新橋の企業の機密情報を南青山の企業に密告している人物が社内にいる可能性があるなど、探偵に調査を依頼したい場合、どの探偵に依頼しますか。
ネットで検索したら、たまたま上位にヒットしたから、最初のメール対応や電話の対応が好印象だったなど、表面的なことだけで決めてしまってはいけません。
探偵業もお客様サービスであり、契約が取れて利益があがるため、最初の対応が悪いケースはほぼありません。
初回の無料相談で、悩みを親身に聞いてくれたからと簡単に決めてしまうと、実際には調査能力がない場合や納得のいく報告が得られないなど、高額な費用の無駄遣いになってしまうおそれもあるので気を付けましょう。

■契約前の確認が重要

実際に利用した方の中には、契約前の説明と異なった調査内容だった、ほかの探偵と比較したかったのに契約を強要された場合や強引な勧誘を受けた、契約書面をもらえていないなど、トラブル事例も少なくありません。
こうした品質の低い探偵に依頼してしまわないよう、契約前の打ち合わせの徹底や料金や手続きについてもしっかり確認を行いましょう。
打ち合わせをきめ細やかに行い、調査の目的と調査内容、対象者や調査期間、調査に必要な人数と期間を明確にしてもらい、何にいくらかかるのか費用の内訳を明確にした見積書を受け取りましょう。
費用の内訳としては、調査員の人件費や交通費、報告書の作成費用や写真の撮影費用、専門機材などの利用料などが挙げられます。
調査内容と見積金額に納得できなければ、契約を断り、ほかの探偵を探すことが大切です。
検討を申し出た場合や契約を断ろうとしたところ、強引な勧誘をすることや料金をディスカウントするような業者は信頼できません。
料金を割引するというのは、当初、必要以上に高額料金を設定しているか、実際の調査を手抜きされるおそれがあります。

■契約時の手続きも重要

契約時には法令にもとづき、契約前書面としての重要事項説明書の交付を受けて、事前説明を行う探偵でなければ信頼してはいけません。
法令にもとづき、誓約書、調査委任契約書(契約後書面)も必ず取り交わす必要があります。
調査対象者にバレないよう、書面は取り交わさないほうが良いなどとごまかされ、最初の説明とは異なる調査をされることやいい加減な報告をされることのないよう気を付けましょう。